北海道産赤ビーツによる便通異常の改善効果についての検討

千葉 健史1)#, 髙栗 郷1)#, 金田 京介1), 戸上 紘平1), 菅原 俊継1), 相川 武司1),
秋野 利郎2), 西村 太輔3), 山岸 丈洋1), 丁野 純男1)*

1)〒006-8585 北海道札幌市手稲区前田7条15丁目4-1 北海道科学大学 
北の大地ライフサイエンス創生研究所
2)〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-6-6 ライフサイエンスビル9F 
株式会社ライフ・サイエンス研究所
3)〒069-0815 北海道江別市野幌末広町16-4-102 合同会社アグマリンプロテック

Effect of Red Beet on Japanese Women with Abnormal Bowel Movement

Takeshi Chiba1)#, Akira Takaguri1)#, Kyosuke Kaneda1), Kohei Togami1), Toshitsugu Sugawara1), Takeshi Aikawa1), 
Toshiro Akino2), Daisuke Nishimura3), Takehiro Yamagishi1), Sumio Chono1)*
1)Creation Research Institute of Life Science in KITA-no-DAICHI, Hokkaido University of Science, 15-4-1 Maeda 7-jo, 
Teine-ku, Sapporo-shi, Hokkaido, 006-8585, Japan
2)Life Science Institute Co.,Ltd., 2-6-6, Nihombashi-Horidomecho, Chuo-ku, Tokyo, 103-0012, Japan
3)AgmarineProtech, LCC., 16-4-102 Nopporosuehirocho, Ebetsu-shi, Hokkaido, 069-0815, Japan


Received July 8, 2021, Accepted July , 2021

 

The prevalence of constipation in Japan increases with aging and is more common in women, particularly aged 20 to 60 years. Chronic constipation is characterized by abnormal bowel movement consistency, and frequency. Importantly, it is recognized that abnormal bowel movement decreases quality of life. It has been reported that raffinose and betacyanin extracted from red beet exhibit improvement effect of intestinal environment and antioxidant effect, respectively. However, the improvement effect of red beet on abnormal bowel movement remains unknown. In this study, we examined the effect of red beet grown in Hokkaido on women with abnormal bowel movement. The human subject was taken the red beet tablet before breakfast and dinner for 4 weeks. The subject kept a record daily of frequency of bowel movement and was taken urine to measure indican concentration once every two weeks. Red beet tablet did not exhibit the improvement effect of abnormal bowel movement in the subject. On the other hand, in a subgroup analysis of ten subjects with more severe abnormal bowel movement, the frequency of bowel movement was significantly increased from 2 weeks to one month after taking red beet tablet compared to before taking. In addition, urine indican tend to be decreased by taking red beet tablet. These data suggest that red beet have an improvement effect on abnormal bowel movement. In summary, red beet is a promising food material for the improvement of abnormal bowel movement.

Keywords: red beet / raffinose / dietary fiber / constipation / urine indicant
 

この研究は、便通異常を来している健常女性を対象として、赤ビーツが便通異常の改善効果を有するのかを検討することを目的として行われました。

試験食品には、北海道赤ビーツタブレット(以下、赤ビーツと略、合同会社アグマリンプロテック社製)を用いました。研究の試験参加期間は、赤ビーツ摂取を開始する14日前から接種開始後28日目までとしました。試験参加期間中、被験者は便の形状、排便回数、排便量、残便感、お腹の調子、および体調に関する項目について毎日自己評価し、それを専用の記録シートに記録しました。


【結果】便通および、体調等に対する赤ビーツ摂取の影響
赤ビーツ摂取前の14日間(グラフ中ではDay-14―Day-1と表しています)、摂取後最初の14日間(グラフ中ではDay0―Day27と表しています)、及び接種後15~28日目(グラフ中ではDay14~Day27と表しています)の3期間に分類し、便通及び体調等に対する赤ビーツ摂取の影響を評価しました。

 

画像1.png

この結果では、

〇各期間における便の形状、残便感、お腹の調子、体調に関する平均スコアに優位な差は認められませんでした

赤ビーツ摂取後15~28日目(Day14~Day27)の14日間については、排便日数・排便回数・排便量については赤ビーツ摂取前の14日間(Day-14~Day-1)に比べて、有意に多くなり、増加する傾向がありました(グラフ、赤枠内)

 

【まとめ】

〇この研究では, 北海道産赤ビーツが, 比較的重い便通異常を来していたと考えられる女性において, 排便日数および排便回数の有意な改善効果をもたらすことをはじめて明らかにしました。また, その効果が得られる赤ビーツの一日摂取量はわずか2g程度であり, 赤ビーツは高齢者や女性であっても無理なく摂取を続けられる食品であることが分かりました。

〇本試験期間中, 被験者に試験食品摂取と因果関係のある有害事象は確認されず, 安全性も確認されたことから, 北海道産赤ビーツが便通異常の改善に有益な食品となることが示されました。